しばらく歯医者にいってないどうなっているのか不安

総合診断(保険治療)

患者様によって、全身状態や既往歴(全身疾患)、現在服用している薬やアレルギー疾患、歯科治療の経験は全く違います。そのため、患者様ごとの治療方針・計画を立てるために、治療を始める前に行っていることがあります。

画像

治療を始める前に行う10項目チェック

画像

血圧
血圧が高いと治療ができない事、薬剤が使えない事があります。 場合によっては、先に内科での治療をお願いする事があります。

画像

脈拍
心臓機能のチェックをします。一般歯科では治療ができないケース、 使用不可の薬剤があります。

画像

血中酸素飽和度
体の末端に正常に酸素が送られているがチェックをします。全身疾患や 体調不良で値が下がることがあります。

画像

体温
炎症が全身に及んでいないかチェックします。歯が原因で、喉の付近まで 炎症が広がり、発熱することがあります。

画像

服用薬の確認
歯科治療を行うにあたり、注意すべき薬を服薬していないかチェック します。

画像

全身既往歴
歯科治療を行うにあたり、注意すべき疾患を持っていないかチェック します。

画像

アレルギーの有無確認
使用する薬品・薬の中には、アレルギーを引き起こすものもあります。 食物アレルギー、薬剤アレルギーの有無を確認します。

画像

口臭チェック
口腔内の汚れ具合などをチェックします。歯周病では、独特の口臭が あります。

画像

唾液のpH
唾液の量・質によって、虫歯や歯周病のリスクがわかります。唾液の 大切な役割は、自浄作用と抗菌作用です。全身疾患にも関わります。

画像

口腔内の確認(詰め物・被せ物・虫歯・噛み合わせなど)
全体的に口腔内を確認し、治療方針・内容を説明します。必要に応じて X線撮影、口腔内写真撮影、歯周組織検査を行っていきます。



画像

消毒・殺菌に対するこだわり

安心・安全な治療を受けて頂くために、感染予防対策を行っています。



画像

器具の洗浄
器具専用の洗浄剤を使用します。タンパク分解酵素、CAEアミノ酸系系界面活性剤、 特殊高級アルコール系非イオン界面活性剤配合により、強力に除菌します。 超音波洗浄器にて、ムラなく洗浄します。

画像

器具ごと小包装(パッキング)
患者様ごとに使用する器具について、一人分づつパッキングし、誤使用を防ぎます。 また、パッキングされたままなので、滅菌状態が保てます。

画像

器具の滅菌①
熱による滅菌が可能な器具は、121℃で20分以上かけて滅菌します。滅菌するごとに 新しい精製水を用いており、使い回しがないため、清潔です。

画像

器具の滅菌②
熱による滅菌が不可能な器具は、グルタラールを主成分とする薬液で、化学的滅菌・殺菌消毒を行っています。各種グラム陽性・陰性菌、結核菌、真菌はもちろん、有芽胞細菌にも強い殺菌力を示し、さらに各種ウイルスを不活性化させるため、HBV・HCVをはじめ院内感染の原因となるあらゆる病原性微生物の滅菌が可能です。

患者様ごとにディスポーサル用品を使用しています。

画像

紙コップ
患者様ごとに新しいコップを準備しています。

画像

手袋
患者様ごとに新しい手袋を使用します。少しでも汚れたら、新しいものを使用します。

画像

エプロン
患者様ごとに新しいエプロンを使用します。洋服の汚れや、水濡れを防止します。

画像

注射針
患者様ごとに新しい針を使用します。直径の小さい針は、痛みが少ない麻酔に必要 です。

画像

注射液
患者様ごとに新しい液を使用します。患者様、治療内容に応じて、種類、容量を 変えます。



画像

治療中の感染防止に必要なこと

画像

ラバーダム防湿
お口の中はばい菌だらけです。根の治療をするにあたり、根の中にばい菌を入れないように配慮が必要です。金属の金具とゴムのマスクを使って、ばい菌 の侵入を最小限にします。質の高い歯科治療には必要になります。神経を取っている歯が痛くなったことがありませんか?細菌の侵入が多かった場合、器具で綺麗にしても、後々細菌の繁殖が起こり、違う病気になります。

画像

POICウォーター(タンパク分解型除菌水)
人間の血液中にある、免疫成分の次亜塩素酸(HCIO)という成分を高濃度の 塩と水を電気分解して作った電解機能水です。(食品添加物許可)もともと 体の中にある成分を利用して、10~20ppmという低濃度で除菌殺菌しますので 非常に安全です。根の治療時、虫歯除去時などに使用しています。

画像

ワルサーマトリックス
虫歯を除去した後、歯の形を作る時に使用します。きちんとした形を作るために 防湿が重要です。このワルサーマトリックスを使用すると、スプリングクランプ の下に唾液を排除するコットンロールを入れることが可能なので、防湿をしっかり 行うことができます。





総合診断(保険治療)


お口の中は複雑で大変見えにくい所です。
そのため、患者様の困り事に沿った内容で、現在のお口の状態チェック、 レントゲン写真、口腔内写真、歯周ポケット検査、全身状態等の様々な検査をさせていただきます。 次回来院時に今後必要となる治療について説明し、ご納得頂いてから全体的な治療を始めます。 (痛みがある場合は状況を説明後、痛みを取り除く治療を優先します。)

西鉄バス下堤バス停より徒歩1分
(113・13・54・64・94系統)

地下鉄七隈線七隈駅より徒歩20分

〒814-0151
福岡県福岡市城南区堤1丁目10-15 1F 

電話
問い合わせ
カウンセリング
テーブル

診療項目



求人応募

インスタ

ご案内

アクセス

〒814-0151
福岡県福岡市城南区堤
1丁目10-15 1F

診療時間
電話

求人応募

インスタ

ロゴ

トップ

COPYRIGHT© Green Dental Salon. ALL RIGHTS RESERVED.